考古学研究所とは

SON南大阪ネットワーク 考古学研究所 とは

SONの創設メンバーは1984年春に卒業。その活動方針は後輩へと任される事になります。
その後も数年間はOBと現役との交流も盛んで、OB出演のレギュラー番組があったり、単発的に現役とOBとのコラボによる番組があったり、現役の卒業旅行にOBの実家(観光地)を訪問したりという事もありました。この頃のメンバーが現在のOB会の活動の中心となっています。
90年代半ば、4代目会長であったS(現在中部地区在住)がSONの拠点を訪問。
過去の資料が次第に山積みになってきたということで、創設時~自身の卒業時あたりまでのテープを預かって帰る事になる。(これが現在の考古研の資料のかなりの部分を占める)
こうして、創設時~1987年(一部88年89年のものも含まれる)の放送テープを中心とした資料は現代まで保管される事に。
その頃から創設期以降のメンバーの結婚などが相次ぐ事となり、ちょうど普及しはじめたインターネットを利用して、OBが近況を報告しあう掲示板を、初期技術部長だったK氏(現在大阪府在住)が開設。また、L83の中心メンバーだったS氏(現在広島県在住)が、相互に連絡を取り合うためのメーリングリストを開設。この2つの活動が「SON南大阪ネットワークOB会」という活動になっています。但しこの掲示板とメーリングリストは、OBの個人情報なども取り扱うために一般には公開できません。(考古研に研究員登録が可能な方には連絡を差し上げます)
そしてそのOB会の活動の中で、番組など過去の資料を収集、分析、整理、保存する場が必要となり、創世記の広報部長であったS(ここの管理人、大阪府在住)が、OB会活動とは別枠にて、ネット上に「研究所」を設立しました。
研究所も当初はクローズドな場としておりましたが、連絡がつかないOBへの窓口を兼ね、また公にも活動を知ってもらうために、クローズドな部分は研究員の登録が必要なものとし、公開可能な部分については極力オープンにすることとしました。
2009年6月、SON結成30周年を前に、この「考古学研究所」の内容をリニューアル。
これからも活動を継続し、広く、過去の在籍者からの連絡を待っております。


SON南大阪ネットワークOB会付属考古学研究所
タイトルとURLをコピーしました