コメント一覧

B80-036 Eメール URL 2010年05月22日(土)17時54分 編集・削除

このスクリプトに関しては、書いた本人(芦川=佐伯)がすっかり忘れていました。
今回聴いて「あ、そうだったっけ」というくらい忘却の彼方にありました。
第1回~第6回のスクリプター「椿姫」さんのコンセプトをまだひきついでいた頃で、まだ「同名番組をひきついだ以上、元の形を変えてはいけない」と考えていたのだと思います。
後の吉田スクリプターの「男のモノローグ」の形式よりも、個人的にはこちらの方が書きやすかったのかもしれません。
今聴くとまだまだ背伸びして稚拙な部分も感じられますので、今、同じコンセプトで書けと言われれば、たぶんもう少し違った表現になるかもしれませんね。

このタイプのあずきももこ(加藤)さんのナレーションはSONでは珍しいのですが、今聴いても意外と似合っているようにも思います。なぜ、当時気がつかなかったのだろう?